忍者ブログ
プロフィール
HN:
Rivell
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1985/05/07
自己紹介:
Mail
 rivell@hotmail.co.jp
質疑応答、証人喚問、
諸行無常の語り、他、森羅万象
ご用件はこちらまで

HN:River + tell
 名前の一文字目を英語意訳分解、
 その後合成したらこうなった。
 
 Riverは部首のさんずいから。
 Tellは「電話」じゃなく
 告白の「告」なのであしからず。

2nd HN:アオシソ
 気分によってたまに使う。
 ファンタシースターという昔のRPGに
 あおじそラッピーってキャラがいたんですよ…。

Favorite
 Artist
  ■Thee Michelle Gun Elephant
   □The Birthday
  ■The Yellow monkey
   □吉井和哉(Yoshii Lovinson)
  ■Bump of chicken
  ■YUI
  ■椿屋四重奏
  ■EGO-WRAPPIN'
  ■ELLEGARDEN
  ■Perfume
  ■serani-poji
  ■Miles Davis
  ■Duke Ellington
  ■AEROSMITH
  ■OFFSPRING
  ■木村カエラ
  ■PORNO GRAFFITTI
  ■KOKIA
  ■Superfly
 Writer
  ■盛田隆二
  ■金原ひとみ
  ■綿谷りさ
  ■奥田英朗
  ■山田詠美
  ■保坂和志
 Other
  ■菊地成孔
  ■SEGA
  ■烏龍茶
  ■PILOT-PEN
  ■コーヒー粉2倍
  ■海・空・青
  ■フリーセル
  ■平成教育学院
  ■春原ロビンソン
  ■フローラン・エミリオ・シリ
  ■京都アニメーション
  ■麦茶
  ■Q&P GOLD
  ■ウェズリー・スナイプス
  ■水の音
  ■ソリティア
  ■ジョン・トラボルタ
  ■ガイ・ピアース
  ■紅茶
  ■シャフト
  ■ペプシコーラ
  ■マイルドセブン
  ■トム・ハンクス
  ■マッド・デイモン
  ■ディカプリオ
  ■キルスティン・ダンスト
  ■ソフィア・コッポラ(監督時)
  ■コッポラ(親父)
  ■タランティーノ
  ■ICE BOX
  ■鮭様
  ■爆弾正
  ■KOOL
  ■夜散歩
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フラフラしたって良いじゃないかよ。
それでも記事は書くんだから。
大丈夫、僕の場合は。

全然大丈夫じゃない。
やはりやっぱり年明けの更新が遅い。
ブログタイトルの「Bloomed Water」を「湧き水」とでも訳してみるのならば、
毎年、1月だけはどうしてか干からびる。
これじゃ枯山水だ。
もはや意味が違う。

ところで、「やはりやっぱり」なんて表現を取りましたが、
この「やはり」と「やっぱり」という単語。
こいつらはかなりずるい。副詞の中でも一二を争う狡猾さだ。

例えば「取り敢えず」だったら、
「差し当たり」
「差し詰め」
「一先ず」
と、同類型の語句がいくつかある。

「例えば」だってそうだ。
「仮に」、「或いは」。
これらが類語に挙げられると思う。

にも関わらず、事前に提言した内容への肯定的証明を為す副詞としては、
「やはり」と「やっぱり」しか常用内には在りやがらない。
いや確かに、「果たして」とか「案の定」とかも場合によっては有りなんだけど、こいつらはけれどニュアンスが違う。
それにお前らは結果というか結末を含めているから途上じゃ使いづらいんだよバカヤロー。

そうすると、やはり「やはり」か、やっぱり「やっぱり」かしかなくて、
けれど二択なら充分だろうと思いつつ、いやそうではなくて、

「やはり」だと硬すぎる、「やっぱり」だと砕けすぎる。

砌の場面に相応しい語句が双方に見いだせなかった場合、そのどちらかに軸を寄せるしか無い。
なんで中間がないんだよ。
極端すぎるだろお前ら。
だから「やはりやっぱり」こいつらはずるい。

一つと一つを足して二で割れば平均が出る。
ってことはこれが中間だろう。
だとしたら「やぱり」ってところか。
そう思ったけれど読みにくいし誤字っぽい。
だから足す所だけで止めてみて「やはりやっぱり」。

そうして得られた教訓は、
極端なものと極端なものを足すとおちゃらけになる。
でした。

新年明けまして随分経ちましたがおめでとうございます。
本年もやはりやっぱりこんなテイストです。
どうぞ宜しく願います。


というか冒頭の枯山水がどうのってくだり
以前にもやったことがある気がするのだけれど、どうだったか。
物忘れが酷いね。良く思い出せない。
来年のことを語ると鬼が笑うって言うけれど、昔のことを思い出すと誰が笑うんだろう。
若い世代かな。いやそれは鬱陶しがるだけか。
じゃあきっと先輩方だろう。「大して変わってねーよ」ってせせら笑う。
大体昔のことって脳内補正かかってるからね。うん。
まぁでも、良く思い出せないくらいなんだから、初披露だと思う。きっと。
デジャヴュだよデジャヴュ。
だからきっと、年明けの更新が遅いっていうのもデジャヴュ。

いや……でも、こっちはアーカイブ見れば一発だからなぁ。
……やはりやっぱり、様式美でした。
お後がよろしいようで。
畏。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
Comments
[02/28 姉っぽ]
[11/04 Rivell]
[11/02 (*´ω`)にゃふん]
[08/11 Rivell]
[07/28 wesk]
[07/28 wesk]
[07/27 Rivell]
[07/27 wesk]
 
忍者ブログ [PR]