忍者ブログ
プロフィール
HN:
Rivell
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1985/05/07
自己紹介:
Mail
 rivell@hotmail.co.jp
質疑応答、証人喚問、
諸行無常の語り、他、森羅万象
ご用件はこちらまで

HN:River + tell
 名前の一文字目を英語意訳分解、
 その後合成したらこうなった。
 
 Riverは部首のさんずいから。
 Tellは「電話」じゃなく
 告白の「告」なのであしからず。

2nd HN:アオシソ
 気分によってたまに使う。
 ファンタシースターという昔のRPGに
 あおじそラッピーってキャラがいたんですよ…。

Favorite
 Artist
  ■Thee Michelle Gun Elephant
   □The Birthday
  ■The Yellow monkey
   □吉井和哉(Yoshii Lovinson)
  ■Bump of chicken
  ■YUI
  ■椿屋四重奏
  ■EGO-WRAPPIN'
  ■ELLEGARDEN
  ■Perfume
  ■serani-poji
  ■Miles Davis
  ■Duke Ellington
  ■AEROSMITH
  ■OFFSPRING
  ■木村カエラ
  ■PORNO GRAFFITTI
  ■KOKIA
  ■Superfly
 Writer
  ■盛田隆二
  ■金原ひとみ
  ■綿谷りさ
  ■奥田英朗
  ■山田詠美
  ■保坂和志
 Other
  ■菊地成孔
  ■SEGA
  ■烏龍茶
  ■PILOT-PEN
  ■コーヒー粉2倍
  ■海・空・青
  ■フリーセル
  ■平成教育学院
  ■春原ロビンソン
  ■フローラン・エミリオ・シリ
  ■京都アニメーション
  ■麦茶
  ■Q&P GOLD
  ■ウェズリー・スナイプス
  ■水の音
  ■ソリティア
  ■ジョン・トラボルタ
  ■ガイ・ピアース
  ■紅茶
  ■シャフト
  ■ペプシコーラ
  ■マイルドセブン
  ■トム・ハンクス
  ■マッド・デイモン
  ■ディカプリオ
  ■キルスティン・ダンスト
  ■ソフィア・コッポラ(監督時)
  ■コッポラ(親父)
  ■タランティーノ
  ■ICE BOX
  ■鮭様
  ■爆弾正
  ■KOOL
  ■夜散歩
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お盆に友人たちとの定例セッション。
GWには集わなかったので、半年超振りでしょうか。
セッション内容は普段どおりのカラオケ熱唱もので終わったので良いとして。

その時に友人の一人からモンハン3を借りた。

2Gの時はリオ二体同時クエの鬼畜さに負けて挫折した自分なので
「まぁ行ける所まで行ってみよう」といった具合の軽いノリで武器を選ぶ。

相手に合わせて武器を変えるとか、そういう無粋な真似はしない。
これと決めたらこれ。
それ一本。
無粋は俺の性じゃないぜ!

なんて確固たる決心があったかどうかは甚だ微妙というか、
「ま、前回と同じで良いや」
なんて独りごちながら選んでいたので、
どう考えても有るはずのない思いなのですが、
いやいやだけどさ、やっぱり人間、何か決める時は、ほら、あるじゃない
何かそういう確信めいたもの。
例え実際にはなかったとしても、ちょっとそう思い込みたいじゃない
ね。何かかっこいいからさ、そういうの。
時には妄信めいた戯言も必要だよねとか思いつつ

閑話休題。はい。いつもながら脇道が長い。

で、結局2G時代と同じ弓を選択。

ヘヴィなボウガンでもなくライトなボウガンでもなく弓。
旧石器時代の遺物とか罵られても弓。
どうせ今回もヘボ火力でチマチマな作業に泣くんだろうなと思いつつ弓。

……なんだけど。

いやね。
最初は全く気にせずプレイしていたんですよ。
大体どれくらいからだろう。
砂原や孤島へ行く頃になってからかな。

「この溜め3した時に出る矢印なんなんだよ鬱陶しいな」

と思ったのがきっかけで……。
いやぁ、3rdから弓に新モーション追加されてたんですね。
えなに、曲射っていうの?
これむっちゃ強くね。
どうやら滅気効果もあるらしい。

と、気付いてからはバカスカ曲射当てまくり。
それこそ猿の様に曲射りまくり。
ウッキーウッキー騒ぎながら曲射、曲射、曲射。

どちらかというと速射弓より貫通弓の方が好きなんですが、
貫通弓の曲射タイプは大抵集中型なんですよね。
いやぁ、面白い様にダメージが通る。

2G時代はナルガやらティガレやら、
下位と上位の狭間に立ちふさがる大型には苦戦しまくって
単体戦でも30分針とか40分針とか刻んでいたんですが、

上述の曲射と、3になってからスキルが付け易くなったことが相俟って
15分針も可能な速度で討伐しまくる。
2Gであれほど苦戦したナルガがまるでゴミ……!
あれほど苦戦したティガレも……!
いやまぁ、ティガレは怒るとまだちょっと怖いんですけど。

そんな感じでトントン拍子にクエをクリアして行き……
村クエのジエンを倒し
下位ジエンも撃退させ
上位ジエンも何とか地に伏せさせ

ついでに
アマツマガツチ、アカムトルム、アルバトリオンも初見撃破。
とは言え時間的にも体力的にもものっそいギリギリではありましたが。

しかもね、ウカムさんがちょっとね……うん。
あいつ嫌い。
行動予測し辛いんだもん。


で。
残ったクエをちまちま片付けながら装備を整え
(何だか、紆余曲折をすっ飛ばしまくっている気はするけど)
漸く挑める段に至った村クエ「終焉を喰らう者」。

装備は上から
・王牙弓【稚雷】
・天城・覇【鉢金】
・ネブラUレジスト
・天城・覇【篭手】
・バンギスコート
・天城・覇【袴】
・王の護石(雷属性+7)

スキルは
雷属性攻撃強化+2
弱点特攻
集中
貫通弾強化

「終焉を喰らう者」のためだけに作ったガチ装備。
防御も護符+爪で270超だし、これは行けるだろう!
間違いなく行けるだろう!

意気揚々とアイテムをチョイスしていざチャレンジ。
……。

装備やらスキルの一覧載せている時点でね
普通は「あ、こいつクリアしたな」って思うよね。
でもたまに「え、もしかして……」って事もあるよね。
うん、そうなんだ。
その「もしかして」なんだ。

何回やっても何回やってもたおせーないーよおおおおお
ふぉおおおおおおおおヽ(`Д´)ノ

失礼。昂った。いえ昂りました。

なにこれ超ムズイんですけどおおおおおお。
20回くらいトライしてイビル前にリタイアすること約八割……。
ようやっとイビル倒せたと思っても
ナルガ・ティガレのダブルアタックにぶっ倒されまくり。

いいかお前ら、人間様の目は二つしか付いてないんだよおおお
お前ら二匹同時で来たってなぁ、同時に二つのモンは……
あ、見えるわ。

いやともかく。
突進ティガレを避けたと思ったらその奥からナルガが飛んで来る。
そこまでは良い。
だからこっちも回避行動取るわな。
そうしたらどうだ。
ティガレのエフェクト滑る様にしてぬるっと位置ずれながら飛んで来るとか舐めてんのかああああ

食らうわ。
そりゃ食らうわ。
そのまま吹っ飛ばされもするわ。
吹っ飛ばされて壁際まで追い詰められもするわ。
そのままティガレが突っ込んできて事故りもするわ。
当然リタイアですよ。冷静にリタイア。
ドリンク効果が良性能だったとか関係ないからねっ。

……はぁ。

上位にアップしてから欠かさず回避性能付けてたツケですかね。
普段なら躱せるラインで躱せないっていう、意識の違いに中々慣れない。

いや別に回避性能付けてなきゃやってらんない
っていうチキンな考えじゃないんですよ。

回避行動に於ける時間が少なければ当然、その分の時間がプールされる。
賜った時間を攻撃に充てて着弾回数を増やせば、
それは攻撃スキルや属性スキルを付けるより対時間火力は上がるんじゃないのか?

な理由から付けていたんですよと、
誰にでもなく言い訳する自分。
あ、惨め。
チクショウが。

暫くは回避性能なしの状態に慣れないと駄目かなー。

まぁでもアレだよね。
弱点特攻付けてんだから、取り敢えず、貫通より速射だよね、うん。
間違いない。多分そこだ。問題はそこであるはずなんだ。

と、若干の現実逃避をしつつ、
考えてみればモンハン自体が現実逃避だったと思い出しつつ、
現実逃避からの逃避で作業という名の現実に戻るのでしたとさ。

あ、やばい。
モンハン熱に浮かれ過ぎてて作業全く進んでない。
あるれー。


いつにも増して何を伝えたかったのか良く判らない記事。
「終焉」クリア出来ないフラストレーションの捌け口である。
ってところが要点なのでしたとさ。
ちゃんちゃん。
PR
nuko.jpg
猫。
可愛い。
おわり。

だと物寂しいので。

新作のデバッグも終わり一息ついたのも束の間。
次作の背景画像収集のためちょいと橋向こうの若穂まで足を伸ばす。
つい一月程前までは、まだ冬の気色が色濃く漂っていたというのに、
この頃は新しい季節の匂いが、つぅと鼻を突く様になった。

杏か、梅の花か。はたまた林檎の香りなんだろうか。
少し酸っぱくて、仄か甘みの混じる。
いつの間にか春が足元までやって来ていた。

思い、ふと足元に目をやってみる。
そうしてやっと、自分の感想が比喩ではないと気付く。
dand.jpgyaso.jpg







hana.jpghuki.jpg

そこには春が芽吹いていた。
たんぽぽや蕗。
名前も判らない、けれど春には必ず見る花。
色とりどり、満遍に咲き誇っている。

作品に必要なシーンを保管しようと、
ただただ事務的に撮影を行っていた、その足元。
雪を吸って、吸い尽くして、地の中から、陽を浴び出る。

春は残酷な季節だって誰かが言った。
優しくて残酷だとも聞いた。

でも、こういう風景を認めて立ち止まった時、
そういう感覚はちょっと忘れる。

また夏が来て秋が来て、
そうやって僕たちは老け行く……なんて言う風には考えない。
また冬が来て、また春が来て、
その度に真新しい色が見られる。

残酷だけれど、優しくもあるし、前向きにもしてくれる。
春は面白い季節だ。

別れがあったり、出会いがあったり、
そうでなくても忙しい季節なのに、まぁ、不思議なものだ。
冒頭の猫も、冬にはコタツの中で丸まっていたのだろうか。
春の陽気さにやられて、家から飛び出してきたのかも知れない。
そうじゃないかも知れないけれど。

信濃川田駅の夕景を撮り終え、
夜景の加工用写真を撮ろうと、陽の沈みを待っていた時の事。
目が焼けるのを回避すべく陽に背を向けて時間を浪費していると、
遠く、少し離れた所の資材置き場を横切る、黒白の存在。

胸踊らせて近づいてみたけれど、
警戒されて傍まで寄せてはくれない。
カメラを向けるとじっと身構える。
フラッシュが焚かれない事を確認してシャッターを押す。
撮り終えた後もじぃっとこちらを睨んでいた。
ありがとう。
可愛かった。
良い出会いだった。

帰り。
落合橋の上を行く。
陽は完全に山の裏へ沈んだのに、
それでも名残惜しげに空を染める。
思わず橋上で立ち止まり、また長方形の中へ収めていた。

そう言えば、
空を青いと言う人は空を見ていない、
なんて言葉も聞いたことがある。
sunset.jpg
それはつまり日中の、俗にいう青空の事を指して言っているのであろうとは思うし、
夕焼けの景色を見てそれに対する返句を思い付くのも、
これはまたお門違いなんだろうけれど、
いや確かに。
夕焼けも赤くはなかった。

下はオレンジシャーベットかな。
上はブルーハワイだろうか。
漂う雲はバニラアイス。

……お腹空いた。

空の色は判らないけれど、夕焼けの色は空腹の色。
今日は歩いて帰ろう。
のんびり雲が泳いで行く。


なんて、ちょっと幻想めいて書けば楽しそうなのにね。
実際は淡々と過ぎて行く時間の中で、
膨大な作業量。けれど嵩張る追加作業。ちっとも消化出来ない作業速度。

今回春がテーマなんだけど、
春が過ぎるまでに、最悪土台くらいは完成するのかしらん。
やーれやれ。
紫煙だけが順調に宙を舞いますよっと。
( ´ー`)y-~~

これさー、これこれ、これさー。
このブログの左カラムのところのさー。

「いや左カラムとか言われてもわかり辛いから、
素直にプロフィールって言ってね
聞きなれないカタカナ言葉使えばカッコイイと思ってんの」

とか言う鬱陶しい愚痴は各々心の中にしまっておいて貰うとして

プロフィールのさー。
あいや、左カラムのさー。

誕生日に西暦まで表記してあるじゃない。
それなのになんだって年齢まで懇切丁寧に表記してありやがりますか。
しかもこれ親切にも自動更新だからね。
気付いた時には数字増えてるからね。


去年誕生日報告用の記事書くの忘れた……
っていうか真面目に自分の誕生日忘れてたから
ふと年齢の欄見て「あ、年男じゃん」って気付いたからね。ありがとう。

いや有難うじゃなくて。
もうこの歳にもなりますとね、自分の年齢とか受け止めたくないんですよ。
いいじゃない、年月日表示されてるんだから、それだけで。

そういうオブラートに包む優しさはNINJAには無いですか
忍者なだけに偲び耐えろって事ですか。やかましいわ。
しかもこれ設定で消せるとかそういう便利機能もないからね。
不可避だからね。不可分だからね。不可解だからね。


という事でアレです、とうとう25になっちゃいました。
25とかさあああああ、ないわああああ、ないわああああああああ
僕はずっとティーンエイジャーから卒業することはないと思ってたのにいい
永遠の17歳になりたい井上喜久子になりたいサミーになりたい
あいや、どっちかっていうとザ・ボスの方が……
いやいや、年上趣味だけどさすがにボスは歳行きすぎでしょう

ごめん、あれ、何の話だっけ?

という事でアレです、とうとう25になっちゃったんですよ。
25とかさああああ、ないわああああ、なさすぎるわああああああ

ごめん、あれ、この件やったよね?

そんな感じで現実を受け止めきれない25の夜なわけですが、
盗んだバイクで走り出したらコントラスト効きすぎなボディの車に止められて
説教だけじゃ済まないものを食らう25の夜なわけですが、
覚えたての煙草ふかして星空見詰めてたら
紺色スーツに身を包んだおじさんに変質者と間違われて、
職質だけじゃ済まない冷ややかな視線を食らう25の夜なわけですが、

取り合えずこうやって駄文を生産して現実逃避を図ってみている25の夜なわけですが、
ちっとも全く現実逃避出来ないというか、
むしろ現実が押し寄せてくるのでこの辺でやめておこうと思う。
なんか色々悲しくなってきた。

そんな恵まれない可哀想な僕にどなたか愛の手を。
具体的には誕生日プレゼント的なものを。
もうちょっと突っ込んで言うと、
誕生日くらい誰かコメ残して行けやちくしょおおおおおお
という身も蓋もない願いなわけだす。

それじゃことよろ。
じゃなくてコメよろ(ぁ
メイン・サブ垢共にクローズドβ当選してたので
ちょいっと潜入してきてみた。

完美復帰の兆候になればと思って始めたのだけれど、
予想外にハマった感が(ノ∀`)


以下クローズドで思ったことを徒然と書いてみる。
雨。
雨。
雨。
ちゃぷちゃぷ、と雨。
しとしと、と雨。

梅雨もう入ったんかな


出かけられねーんですけど(ノД`)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
Comments
[02/28 姉っぽ]
[11/04 Rivell]
[11/02 (*´ω`)にゃふん]
[08/11 Rivell]
[07/28 wesk]
[07/28 wesk]
[07/27 Rivell]
[07/27 wesk]
 
忍者ブログ [PR]