忍者ブログ
プロフィール
HN:
Rivell
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1985/05/07
自己紹介:
Mail
 rivell@hotmail.co.jp
質疑応答、証人喚問、
諸行無常の語り、他、森羅万象
ご用件はこちらまで

HN:River + tell
 名前の一文字目を英語意訳分解、
 その後合成したらこうなった。
 
 Riverは部首のさんずいから。
 Tellは「電話」じゃなく
 告白の「告」なのであしからず。

2nd HN:アオシソ
 気分によってたまに使う。
 ファンタシースターという昔のRPGに
 あおじそラッピーってキャラがいたんですよ…。

Favorite
 Artist
  ■Thee Michelle Gun Elephant
   □The Birthday
  ■The Yellow monkey
   □吉井和哉(Yoshii Lovinson)
  ■Bump of chicken
  ■YUI
  ■椿屋四重奏
  ■EGO-WRAPPIN'
  ■ELLEGARDEN
  ■Perfume
  ■serani-poji
  ■Miles Davis
  ■Duke Ellington
  ■AEROSMITH
  ■OFFSPRING
  ■木村カエラ
  ■PORNO GRAFFITTI
  ■KOKIA
  ■Superfly
 Writer
  ■盛田隆二
  ■金原ひとみ
  ■綿谷りさ
  ■奥田英朗
  ■山田詠美
  ■保坂和志
 Other
  ■菊地成孔
  ■SEGA
  ■烏龍茶
  ■PILOT-PEN
  ■コーヒー粉2倍
  ■海・空・青
  ■フリーセル
  ■平成教育学院
  ■春原ロビンソン
  ■フローラン・エミリオ・シリ
  ■京都アニメーション
  ■麦茶
  ■Q&P GOLD
  ■ウェズリー・スナイプス
  ■水の音
  ■ソリティア
  ■ジョン・トラボルタ
  ■ガイ・ピアース
  ■紅茶
  ■シャフト
  ■ペプシコーラ
  ■マイルドセブン
  ■トム・ハンクス
  ■マッド・デイモン
  ■ディカプリオ
  ■キルスティン・ダンスト
  ■ソフィア・コッポラ(監督時)
  ■コッポラ(親父)
  ■タランティーノ
  ■ICE BOX
  ■鮭様
  ■爆弾正
  ■KOOL
  ■夜散歩
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幾日か前の夕方、
NHKのニュースで凍る滝というものがピックアップされていました。

ローカル放送だったので、
同県にお住まいの方は、目にしたかも知れませんね。

なんとも綺麗な印象を受けて、
「これは行くっきゃない」と思い立ち。
軽い気持ちで母上に話したら「私も行きたい!」と。
次の日には役場に問い合せて長野からの行き方まで調べている徹底っぷり。

何故か言いだしっぺの自分の方が気後れというか、
醒めた感覚を味わいつつ。

三連休の中日を利用して行ってきました、北相木村。
一応は同じ県内なのですが、そうは言っても長野県。

民謡、信濃の歌に「四つの平が比翼の地」とあり、
善光寺平、松本平、伊那平、佐久平となるのですが、
この四つの周辺を指して北信、中信、南信、東信とローカルな呼び方が存在するほど、
長野というのは地域によって全く別な色合いを見せるもので。

今回行く北相木村は上田を過ぎ佐久を過ぎ、更に小諸を過ぎた先の場所。
上記の地域で言えば東信に当たるのでしょうか。
ここまで離れていると同じ長野県民とは言え北信民の我々は全く土地勘など無い。

いやぁ、迷った迷った。
基本的に一本道だったのでマジで深みにハマることはなかったけれど、
上田過ぎてからの

「この道まっすぐで良いの!?」
「いや雪積もってて看板見えねーべ!」
「ちょっと、通り過ぎちゃったじゃない」
「まぁ字面違うっぽかったから大丈夫でしょ」
「しっかりしてよナビ役」
「おとなしくナビ積みましょうよ……」

という一連の流れ
これを何度か繰り返したわけで、
どれだけ精神的に迷ったか理解も易かろう。

そんな感じで車を走らせること四時間。
(まぁハンドル握ってたのは終始母上だったわけですが)
やっとこさ北相木村入り。
役場を見つけ立ち寄り、ルート聞いて再出発。

途中から十分ほどだったか林道を進んでいると、急に開けた場所が。
登山道入り口の駐車場だったらしく、見ると自分たち以外にも二三台の車が。
役場の人は「昨日からの雪で(登れるかどうか)判らない」と仰っとりましたが、
先客がいるということで一安心。

積もる雪の上をざくざく歩いて目指す大禅の滝に向かい登山って行く。

……よし!
途中休憩挟んだら記事書くの面倒になったので残り割愛!
なんというか、「綺麗な景色は黙って見ろや」って事で……
CIMG0783.jpg
荘厳な凍結滝の様子が見られました!
凍った滝の上に積もる雪、というのが、また妙味を醸しだしてますな。

自分たちが行った時には、
上の方で、まだちょろちょろと水が流れていましたが、
今年は寒冬凄まじかったため、
「全凍結もあるかも知れない」との触れ込みだったので、
運が良ければそういった姿が現れるのかも知れませんね。


なんつーか、色々写真も撮って来たんですけど、
雪のためにフォーカスが定まらないのか、
寒さの所為でレンズ部分が曇ってしまったのか、
はたまた撮り手の腕の悪さなのか、
ほっとんどがピンボケ写真ばかりで掲載出来る素材が少なかったため、
なんとか道中のやりとりで凌ごうと思ったんですが……

いやはや、自分でも書いている途中から
面白みもない冗長な文だなって判ってましたよ。
わざわざ電池食うオートプレミアムで撮ったのに、チクショウがッッッ

因みに帰りは若干時間に余裕があったんで
上田城跡見て来たんですが、
あそこは物の見事に何もなかったね(ノ∀`)
櫓の博物館も冬季休館って事で、
いよいよ記事に出来る内容が無い様、みたいな。
はい。


まぁ……。
諸々お寒い感じになりましたが、
今回の記事はコメント欄に大オチの保険があるので良しとしよう、うん。

ということで、シィスさん
全くと言って良いほどお後の宜しくないこの状況から
オーディエンス誰をも納得させる

「めちゃくちゃ寒い冬にアイスを頬張った感想」

はい、よろしくお願いします。
レベル高いの期待してますよっ!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
大丈夫かな?
遅れましたが地震大丈夫でしたか?更新されてないようで心配です…
走る… 2011/04/08(Fri)03:41:08 編集
無題
>GMX氏
元気すぎて困るくらい元気で困ってる。
返って心配かけて申し訳なかったと思っているくらいに……。
いやはや、本当にめんごめんご。

それから、再三申し上げている事なんですが……

判りづらいから名前ちゃんと書こうねっ
こちとらの発想力頼みとかやめてねっ
間違ってたら洒落にならないくらい恥ずかしいからねっ

ふぅ……
Rivell 2011/04/14(Thu)01:52:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 近況報告HOME銀世界 >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
Comments
[02/28 姉っぽ]
[11/04 Rivell]
[11/02 (*´ω`)にゃふん]
[08/11 Rivell]
[07/28 wesk]
[07/28 wesk]
[07/27 Rivell]
[07/27 wesk]
 
忍者ブログ [PR]